Golang

Golangはシンプルな言語仕様であり、習得が比較的容易な言語だ。非知的なプログラマのためのデザインであり、プログラムを無意味に複雑にしてしまう機能はほとんど削除されている。 (継承やGenerics、for以外のループなどが削除されている)

[WIP]

Sample Code

package main
import f "fmt"

func main () {
  f.Printf ("HELLO\n")
}

このコードで行っていることは、パッケージ節でこのファイルが属するパッケージを指定、入出力の機能を実装したfmt packageのインポート、main関数で Print 関数を使用した文字列の出力だけだ。ビルドすると期待通り HELLO が出力される。

$ go build main.go && ./main
HELLO
$ go run main.go
HELLO

Package

Golangのプログラムは複数のパッケージをひとつにリンクすることによって作られる。(パッケージとは、そのパッケージに属する定数、型、変数、関数を定義しているひとつ以上のソースファイルから構成されているもののこと)

プログラムは main package と呼ばれる他からインポートされることのないパッケージをリンクすることで完成する。mainパッケージはパッケージ名を main とし、引数と戻り値を持たない main function を宣言していなければならない。事実上、このmainパッケージから全てのパッケージが直接的・間接的にインポートされることになる。

main関数にコマンドライン引数などを渡したい場合、先述のようにmain関数に引数を渡すことは出来ないが、 os パッケージや flag パッケージなどを利用することで値を受け取ることができる。

package main
func main () { ... }

プログラムはmainパッケージを初期化した後にmain関数を実行することで開始され、main関数を抜けた時点で終了する。

Import

インポート宣言を使用することで他のパッケージを読み込むことができる。

import f "fmt"

インポートするパッケージにはコード内で使えるエイリアスを設定することができ、ここでは ffmt パッケージのエイリアスとして利用している。パッケージと同名で利用する場合はエイリアスが必要なく、この場合はソースコード内で fmt.Print などとして利用できる。

参考

results matching ""

    No results matching ""