Kinesis Video Streams

Kinesis Video Streamsはビデオストリームをキャプチャ、処理、保存するためのAWSのサービスのひとつ。リアルタイム大規模ストリーミング処理が謳い文句なAmazon Kinesisシリーズのひとつであり、Kinesis Video Streamsはビデオストリームをキャプチャして後続の処理に繋げる役割を持つ、特に監視カメラや映像解析の分野を狙ったサービス。

ユースケース

Kinesis Videoは映像データを受け渡しするだけのサービスであり、どう処理するかはユーザーの裁量に任せられている。つまり、この部分に使うべきだという一般的に決まったベストプラクティスはまだほとんど存在しないと言っても良い。そのため、AWSが例に上げているいくつかのユースケースを紹介する。

  • ベビーカメラや防犯カメラとしての単純な映像再生
  • 動画分析を用いた交通問題の解決、犯罪の防止、緊急事態への対応
  • 時間符号化データと機械学習を用いた工場用機器のオートメーション化

映像を扱う際は便利なサービスだが、Kinesis Videoを利用するに相応しくない場面も存在する。Kinesis Videoでは送信してから受信できるようになるまでに固定で10秒程度の遅延を要するため、遅延を少しでも抑えたいライブストリーミングでは利用するべきではない。

  • リアルタイム性を求められるライブストリーミング
    • → リアルタイム配信はAWS Elemental MediaPackageを利用

動画分析では、Kinesis Videoは Amazon Rekognition Video と統合されており簡単に連携することが可能なため、多少の設定を行い映像を流すだけで未経験でもすぐに顔認識、不正な映像の検出を行う環境を整えることが出来る。

results matching ""

    No results matching ""