以下メモ

Amazon Elastic Block Store

Amazon EC2インスタンスに仮想外付けされる、永続的なブロックレベルのストレージサービス。 通常、EC2のストレージではこちらを用いる。

ユースケース

  • OSやDBなど、永続性が必要なデータの格納
  • スナップショット取得が必要なデータ
  • AZ/リージョンをまたいでコピーしたいデータ
  • ランダムI/Oを頻繁に行う場合

特徴

  • EC2を停止しても、データは永続する
  • デフォルトでは、インスタンスの削除後も保持される
  • サイズは1GB単位で1TBまで
  • ひとつのEC2インスタンスで複数のEBSを使える
  • バックアップからEBSを作成可能 (他のAZにも作成できる)
  • 既に参照されているEBSを他のEC2インスタンスから参照することはできないが、他のEC2インスタンスに付け替える事は可能

仕組み

EBSはネットワーク接続型のストレージサービスであり、物理インターフェース上で動くハイパーバイザとはネットワーク上で接続される。ハイパーバイザに接続されたEBSは、ハイパーバイザ上で動くEC2インスタンス (OS) からSCSIデバイスとして認識される。

課金

  • サイズ
  • 期間
  • IO

機能

EBSスナップショット

  • EBSボリュームの特定時点のスナップショットをS3に保存
  • 2回目以降のスナップショットは差分のみS3に保存
  • 差分の保存なので、スナップショットの世代管理が可能
  • 安価に長期保存が可能
  • スナップショットからいくつでもEBSボリューム作成・復元が可能 (AZを跨いでも可能)
  • スナップショットは他アカウントと共有が可能
  • EBSのサイズ変更も、スナップショット活用によって実現が可能

Snapshot Copy

作成したSnapshotをコピーする機能。 Region内コピー、Region間コピーの両方を実現している。

オプション

Provisioned IOPS

  • IOPS (I/O per Second) 数が指定できるEBS
  • OSからは通常のEBSと同じように見える
  • Root VolumeのEBSもPIOPSを利用可能
  • 1ボリュームのIOPS値の指定は100~4000で1刻みが可能
  • 申請にて制限解除可能で、最大20TB, 10,000IOPSまで指定できる
  • Volume作成時に指定して作成可能だが、EC2の作成時に一緒に作成することも可能

EBS-Optimized Instanceを一緒に利用することが前提のオプション。

EBS-Optimized Instance

  • EC2とEBS間のネットワークを最適化 (専用のストレージエリアネットワークを利用)
  • 確保される帯域は500Mbps~2000Mbps

Standard EBS使用時でも効果があるが、Provisioned IOPSと一緒に利用するとより効果が高い。組み合わせることで、I/O値の最適化が可能。

Instance Storage

Amazon EC2物理筐体のローカルディスク。EC2終了時に中のデータは全て削除される。

ユースケース

  • 計算時の一時ファイルや、画像処理の一時データ、キャッシュファイル
  • デプロイするアプリケーションコードの置き場
  • 冗長化を自分で作り込む場合
  • 大容量のデータを1インスタンスに格納する場合
  • SSDのIO速度が必要な場合
  • ログの一時保存場所として。一旦Instance Storageに吐いて、S3にアップロード

特徴

  • EC2インスタンスタイプにより、サイズと個数、HDD/SSDが予め決まっている
  • ローカルディスクのため、ネットワークの影響を受けにくい
  • EBSより起動に時間がかかる
  • 任意のファイルシステムが利用可能
  • 様々な暗号化製品の利用が可能
  • 冗長化機能や分散FSも利用可能

注意

  • スナップショット機能が無い
  • EBSのように別のEC2に付け替えができない
  • EC2を終了するとデータが消える (これを利用するEC2からは停止のオプションが無くなる)
    • 再起動 (Reboot) ではデータは消えない。終了時のみ消える。

課金

Instance Storage自体は無料。支払う料金はEC2インスタンス分のみ。

参考

http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/ComponentsAMIs.html#storage-for-the-root-device

results matching ""

    No results matching ""